<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月の話になりますが・・・(笑)
ijyuたんと、グッディグッディさんに行きました。
e0154377_21240021.jpg
今回はパングラタンをチョイス。ナイスチョイスでした♡
e0154377_21240048.jpg
ワッフルも相変わらず美味しかったー♪
個人的な好みを言えば、ソースもクリームもいらないから、ワッフルだけで食べたいな。
今度、お願いしてみようかなー(笑)

他にサラダとドリンクがついて、1000円でお釣が来るって、やっぱりすごい!

あぁーー書きながら既にもう行きたくなってまーす(笑)



[PR]
e0154377_16524370.jpg
TSUNAGO+ペンシルホルダーセットを購入しました。

e0154377_16524311.jpg
このように、鉛筆削りとペンシルホルダーに分かれています。
e0154377_16524458.jpg
このような短い鉛筆が沢山沢山あったので、なんとかこれを使えないかなーと考えて購入しました。
まずペンシルホルダーに
e0154377_16524476.jpg
鉛筆の先を入れます。
e0154377_16524405.jpg
それを
e0154377_16524489.jpg
①の穴に入れて、
e0154377_16524455.jpg
グリグリと回して削ります。
e0154377_16524588.jpg
するとこんな感じに穴が開きます。
同じ絵柄の鉛筆でやってしまったのでわかりにくいですが、
もう一つの鉛筆を今度は後ろから鉛筆ホルダーにさします。
e0154377_16524549.jpg
そして今度は②の穴に入れて削ります。
e0154377_16525644.jpg
こんな感じで削れます。
e0154377_16525619.jpg
まだガサガサしているので今度は③の穴にさして
e0154377_16525663.jpg
グルグル回します。
e0154377_16525796.jpg
ガサガサが取れました。
e0154377_16525717.jpg
2つの鉛筆を木工ボンドでくっつけます。
e0154377_16525787.jpg
1本の鉛筆になりましたー♡
e0154377_16525718.jpg
こんな感じで沢山繋げちゃいました。
e0154377_16525764.jpg
意外とこの作業が楽しい(笑)力を入れすぎると、割れちゃったりして、
節約になっているのかわからなかったりしますが(笑)
非常に考えられている商品だなぁ~と思います!!

子供たちに、物の大切さを教えられればいいなぁ~と思っています。

[PR]
ここ最近、週末には家族でスキーに出かけています。
子供たちも滑れるようになってきて、
それはそれは私たちが怖くなるほどのスピードで山を滑って行きます。

スピードが楽しくて仕方がないようです。
まぁ、自分も小さい頃はスピードなんて全く怖くなかったし、
怪我もしなかったし、
このくらいのスピードに慣れさせてたほうがいいのかなー?なんて軽く考えていたら、
スキーの指導員の資格を持つ姉に、
「ヘルメットかぶせた方がいいよ」と忠告され、
えーー?ヘルメットまでかぶせるのーー?そこまでしなくていいんじゃないーー?
なんて思いながら、ヘルメットの必要性をネットで調べてみましたら・・・

ええええーー!!スキー場での重大な事故って結構起きてるんだー!!
と初めて知ったわけであります。
死亡事故まで起きていて、親として他人に迷惑をかけない滑り方を教えなきゃいけない義務があることと、
怖いもの知らずのわが子へのヘルメットの必要性を強く認識しまして、
少しお金がかかっても、万が一に備えることが大事だなーと思い、
スノーヘルメットを購入することにしました。

とはいっても、子供たちが、こんなのカッコ悪くてかぶりたくない~って言い始めたら困るので
安価で可愛くないものではなく、自分の好きなデザインでかぶりたくなるものを、
と自分たちで選ばせました。
ナタリーのはスポーツデポで購入。
e0154377_23015962.jpg
ミニーちゃん♡かわいい♡♡
すぐにサイズが合わなくなってかぶれなくなってしまうのでもったいないなーとも思いましたが(涙)

サマンサはネットで購入。
e0154377_23015913.jpg
TETEのヘルメット。サマっぽいわー(笑)



とりあえず、これからはむやみやたらにスピードを出させないことを
教えなければならないなーと思っています。

また、万が一、自転車やスキーで子供たちが人を傷つけてしまった場合、
わが家ではきちんとそういった時の保険に入っているのだろうかと今更ながら調べてみると、
この家を購入時の火災保険の特約で、“個人賠償責任特約”というのを付帯していたらしく、
それで我が家の誰が万が一加害者になってしまった場合でも賠償することは可能とのことでした。

まずは気をつけて日々を過ごすことですが、万が一のこともある程度頭に入れて
暮らしていかなきゃならないんだなーーと思った出来事でした。


[PR]